シニア層が転職市場で不人気な理由

シニア、転職市場、不人気、理由
正直なところシニア層(40代~)は転職市場で非常に不人気です。

・モチベーションが低い
・周りと馴染みづらい
・過去の経験に囚われがち
・職歴と自分の能力を混同している
・若者に比べて希望する給与額が高い

などの理由が挙げられます。本人が自覚していなくても、実際に上記のような問題が生じやすいのは事実です。多くの企業は「いい歳して転職を希望しているなんて問題があるに違いない」と感じています。

そのため、多少の不満であれば、今の会社に留まることをおすすめします。

ただし、致し方ない理由で無職になってしまったり、転職をせざる負えない場合もあると思います。そのような場合は上記の理由をしっかり胸に刻んでください。

シニア層が年齢とともに積み重ねてきたものがあることも事実です。企業側に「若者に負けない謙虚さや素直さがある」と思われれば、採用となる可能性は十分にあるでしょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

給与を上げる方法・楽な職場で働く方法
2018年3月5日
トレ―ドオフという言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと「あちらを立てればこちらが立たず」ということです。
転職で重視する部分を明確にする
2018年3月5日
転職しようと考えるからには、今の職場環境に不満があるはずです。しかし、全ての不満を解消しようと欲張ると、予想外の落とし穴にハマることがあります。
簡単に適職診断や自己分析をする方法
2018年3月5日
自分の適職を探すのはなかなか難しいものです。そこで役立つのが適職診断プログラムです。一言で適職診断プログラムと言っても様々な種類があるため、おすすめサービスをいくつか紹介します。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ