25歳は転職市場における売り時

25歳、転職市場、売り時
転職市場における年齢的な「売り時」をご存じですか?
一般的に25歳あたりだと言われています。

30歳を過ぎると過去の仕事経験が仇になり謙虚さや思考の柔軟性がなくなります。さらに周りからは若手扱いされないので会社に馴染みづらくなります。

25歳というと、新卒で入った会社で一通りの社会人教育を受けており、なおかつ社会の厳しさを経験した後なので新社会人にありがちな生意気さも薄れています。

さらに、新卒で入った会社で3年ほど勤務した点も高評価となります。会社が嫌になって逃げの転職を選んだのではなく、しっかり自分で判断して攻めの転職を選んだと思われることが重要です。

25歳の時点で転職を考えていない場合でも、人生において非常に大事な時期なので、専門家や信頼できる先輩に相談してみるとよいでしょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

給与を上げる方法・楽な職場で働く方法
2018年3月5日
トレ―ドオフという言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと「あちらを立てればこちらが立たず」ということです。
転職で重視する部分を明確にする
2018年3月5日
転職しようと考えるからには、今の職場環境に不満があるはずです。しかし、全ての不満を解消しようと欲張ると、予想外の落とし穴にハマることがあります。
簡単に適職診断や自己分析をする方法
2018年3月5日
自分の適職を探すのはなかなか難しいものです。そこで役立つのが適職診断プログラムです。一言で適職診断プログラムと言っても様々な種類があるため、おすすめサービスをいくつか紹介します。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ