群馬県で薬剤師が有利な条件で転職する5つのポイント

群馬県、薬剤師、有利、条件、転職
(1) 群馬県の薬剤師転職事情
群馬県は薬剤師の給与が高い都道府県だと言われています。薬キャリPlusが行った調査によると平均年収が全国2位でした。高給与の一番の理由は「県内に薬学部が1校しかない」ことです。第103回の薬剤師国家試験では全国9584人の合格者のうち、高崎健康福祉大学卒は73人(全体の0.76%)しかいませんでした。

(2) 薬剤師転職におすすめのエリア
やはり、前橋市と高崎市の人気が高いようです。病院薬剤師が希望であれば病院数が多い高崎市がおすすめです。県中心部にこだわりがなければ「桐生市・渋川市・沼田市」などは「年収が高い&家賃が安い」のでお得です。

(3) 病院は「経歴に拍を付けたい人」
医者や看護師と話すことが多く、学会や研修に出る機会が多い病院は学習機会の最も多い職場です。若いうちの年収は低い傾向にありますが、福利厚生は充実しています。歳を取ってから病院への転職は困難ですので「どちらにせよ20代のうちは病院で働いておいた方がよい」という意見も多いようです。

(4) 調剤薬局は「薬剤師としての誇りをもって働きたい人」
大きな組織における歯車になるのではなく、薬剤師としてしっかりと患者と関わっていきたい人は調剤薬局で働くことをオススメします。2016年には「かかりつけ薬剤師」制度がスタートし、薬剤師に求められる役割は大きくなってきました。

(5) ドラッグストア「高い給与を望む人」
なんと言っても給与の高さが魅力です。また、調剤業務以外が主流なうえ、医療関係者以外との関りが多いので、医療業界だけではない幅広い経験を積むことができます。その反面、薬剤師としてのキャリアアップにはなりません。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

群馬県でIT企業に転職するために知っておきたい4つのこと
2018年4月26日
(1) IT企業の種類
一概にITと言っても「WEB・アプリ系」「システム系」「ソフトウェア系」「ハードウェア系」などがあります。やはり、注目は「WEB・アプリ系」です。Google、Facebook、パズドラ、LINEなどのようにアイディア次第で無限の可能性があります。
群馬県で事務職に転職するために知っておきたい6つのこと
2018年4月26日
(1) 事務は圧倒的に人気の職業
事務は女性から圧倒的に人気の職業です。その理由は「座り仕事なので楽」「残業が少なそう」などのイメージから来ています。また、男性でも事務を希望している人は多数いるため、競争率の高い職業と言えるでしょう。
群馬県で介護職が有利な条件で転職する6つのポイント
2018年4月24日
(1) 介護報酬の地域区分
介護報酬には国で定められた地域区分があります。東京都23区は1級地で+20%、高崎市は6級地で+6%、前橋市・伊勢崎市・太田市・渋川市などは7級地で+3%となっています。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ