今の会社を辞めずに転職活動しよう

会社、辞めない、転職活動
勤めている会社を辞めずに転職活動をすることは不誠実なように感じるかもしれませんが、有利な転職をするためには当たり前のことなのです。

その理由は大きく2つあります。

1つ目は、市場価値を下げないことです。無職の状態というのは市場価値が大きく下がります。多くの企業は「転職のために辞めた人」ではなく「無職だから就職活動をしている人」と認識します。しかも、無職の期間が長引くほど市場価値はどんどん下がってしまいます。

2つ目は、転職活動期間を長くとるためです。良い転職先が見つかるかどうかはタイミング次第なところもあります。焦ってイマイチな転職をしてしまっては目も当てられません。転職活動にはじっくり時間をかけて取り組む必要があるのです。

何事も時間をかけられない人が不利になるケースが多いのです。

今の会社に大きな不満を感じているとしても、転職先候補の会社に対しては「焦ってはいない」「現状に不満は少ないけれどより良い会社を探している」といった姿を見せましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

面接は自分という高額商品を売り込む場所
2018年3月22日
求職者の年齢が25歳で定年を65歳だとすると、勤続予定年数は40年になります。その間の平均年収が400万円なら総額1.6億円、500万円なら総額2.0億円、600万円なら総額2.4億円です。
非上場企業に転職するメリットとデメリット
2018年3月20日
日本では多くの人が知名度と信頼性の高い上場企業への就職を望んでいます。しかし、アメリカ・シリコンバレーでは「非上場のまま企業の成長をめざす」ことが主流となってきています。
実際のところ年齢は転職を決める決定打ではない
2018年3月2日
「25歳は転職市場における売り時」
「シニア層が転職市場で不人気」
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ