群馬県で営業職が有利な条件で転職する7つのポイント

群馬県、営業職、有利、条件、転職
(1) エリアは前橋市か高崎市
人口・平均所得・法人数・経済規模など、あらゆる面から考えても営業職に就くのであれば、前橋市か高崎市が有利です。

(2) 個人営業 VS 法人営業
どちらが良いとは言えませんが、人と関わったり人の役に立つことが好きな人は個人営業で、論理性やビジネスマナーなどを重視する人は法人営業が向いています。大きく見ると法人営業のほうが案件の規模が大きく、格上だとみなされることが多いようです。

(3) 売りやすい商品を選ぶ
販売商品には「住宅・自動車・保険・OA機器・法人サービス」など様々なものがありますが、売りやすそうなものを選んでください。もしくは自分が興味のある分野を選ぶのも悪くありません。同じ種類の商品でもブランド力によって売れやすさが変わってくるので注意してください。

(4) 避けたほうがよい業界
ネット保険がシェアを伸ばしている保険業界や、需要が一時的なもの(太陽光発電など)は避けたほうが無難です。IT関係は「すでに実績があがっているもの」以外は難しいと思います。

(5) 営業は上達する技術
営業はセンスだと思われがちですが、実際は様々な要素が絡み合う技術です。聴く力、論理力、行動力、計画力、心理学、マナーなどを丁寧に育てていかなければ成果は上がりません。技術職と違い、自己成長を認識しづらいので注意してください。

(6) 未経験者でもOK
営業職は未経験でも就職することが可能です。実際のところ「経験者だから営業が上手という人が少ない」ためです。営業の求人は多いので、少しでも興味をもったら応募してみましょう。

(7) 同じ能力なら若いほうが圧倒的に有利
営業職での転職は若いほうが有利です。企業にとって「同じ能力の人に年齢が高いからという理由だけで高い給与を支払う理由が無い」ためです。逆に考えれば営業としての能力を積み重ねられる自信がない人は、40~50代でも需要の大きい技術職としてのキャリアを積み重ねていくことをオススメします。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

群馬県でIT企業に転職するために知っておきたい4つのこと
2018年4月26日
(1) IT企業の種類
一概にITと言っても「WEB・アプリ系」「システム系」「ソフトウェア系」「ハードウェア系」などがあります。やはり、注目は「WEB・アプリ系」です。Google、Facebook、パズドラ、LINEなどのようにアイディア次第で無限の可能性があります。
群馬県で事務職に転職するために知っておきたい6つのこと
2018年4月26日
(1) 事務は圧倒的に人気の職業
事務は女性から圧倒的に人気の職業です。その理由は「座り仕事なので楽」「残業が少なそう」などのイメージから来ています。また、男性でも事務を希望している人は多数いるため、競争率の高い職業と言えるでしょう。
群馬県で薬剤師が有利な条件で転職する5つのポイント
2018年4月24日
(1) 群馬県の薬剤師転職事情
群馬県は薬剤師の給与が高い都道府県だと言われています。薬キャリPlusが行った調査によると平均年収が全国2位でした。高給与の一番の理由は「県内に薬学部が1校しかない」ことです。第103回の薬剤師国家試験では全国9584人の合格者のうち、高崎健康福祉大学卒は73人(全体の0.76%)しかいませんでした。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ