群馬県で正社員転職するために知っておきたい7つのこと

群馬県、正社員、転職
正社員と非正規社員(パートタイマーやアルバイトなど)の大きな違いは「契約期間の有無」と「月給か時給」です。

(1) そもそも正社員になるべきか?
非正規社員にも「休みが取りやすい」「時間の融通がつく」「サービス残業がない」などの様々なメリットがありますが、安定した生活、結婚、出産・育児、マイホーム購入などを考えた際に正社員であることは必須となります。

(2) 群馬県で新卒採用第一主義は無い
群馬県は新卒採用の絶対数が少ないため、都内大企業のように「新卒採用第一主義の文化はありません。中途であっても正社員採用の可能性は十分にあります。

(3) 20代のうちに決めておきたい
年齢は絶対条件ではありませんが、できれば20歳のうちに正社員を経験しておくことをオススメします。30代になってからでも正社員として経験を積んでいる職種であれば転職しやすくなります。

(4) 優先順位を明確にする
給与・仕事内容・勤務時間・企業規模・勤務地など、様々な条件がありますが、正規社員を第一条件とするのであれば、他の条件の優先順位を明確にしておきましょう。様々な条件を妥協しなければ正社員採用されないケースも多くあります。

(5) 企業が正社員として求める人材
最重要なのは「年齢・コミュニケーション能力・やる気」の3つです。年齢は偽れませんし、コミュニケーション能力も一朝一夕には変えられないので、「やる気」のアピールは欠かさないようにしましょう。

(6) 非正規社員から正社員への道
非正規社員から正社員になるケースは意外とたくさんあります。企業としても一般募集するより、非正規として実績を上げた人のほうが安心できるためです。また、自分の能力に自信のある人は、非正規から正規への移動を狙った方が、レベルの高い会社で正社員になれる可能性が高くなります。

(7) 正社員に採用されない人は自己理解を怠っている
正社員に採用されないと嘆いている人に一番足りていないのが自己理解です。どこかで「会社側に見る目がない」「自分は頑張っている」と、自分の都合の良い考えをしています。学歴が無くても高齢でも正社員になれる人はなれます。その人たちは自分の足りない部分を受け入れて、それを補うために努力しています。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

群馬県でIT企業に転職するために知っておきたい4つのこと
2018年4月26日
(1) IT企業の種類
一概にITと言っても「WEB・アプリ系」「システム系」「ソフトウェア系」「ハードウェア系」などがあります。やはり、注目は「WEB・アプリ系」です。Google、Facebook、パズドラ、LINEなどのようにアイディア次第で無限の可能性があります。
群馬県で事務職に転職するために知っておきたい6つのこと
2018年4月26日
(1) 事務は圧倒的に人気の職業
事務は女性から圧倒的に人気の職業です。その理由は「座り仕事なので楽」「残業が少なそう」などのイメージから来ています。また、男性でも事務を希望している人は多数いるため、競争率の高い職業と言えるでしょう。
群馬県で薬剤師が有利な条件で転職する5つのポイント
2018年4月24日
(1) 群馬県の薬剤師転職事情
群馬県は薬剤師の給与が高い都道府県だと言われています。薬キャリPlusが行った調査によると平均年収が全国2位でした。高給与の一番の理由は「県内に薬学部が1校しかない」ことです。第103回の薬剤師国家試験では全国9584人の合格者のうち、高崎健康福祉大学卒は73人(全体の0.76%)しかいませんでした。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ