人材効率を最大化する転職エージェントという仕事

人材効率、最大化、転職エージェントの選び方
日本を1つのチームと考えた場合、転職エージェントの使命は人材効率を最大化することです。具体的には「様々な理由で実力を発揮しきれていない人に適切な環境を紹介する」ということです。

私の周りでも実際に「部署が変わった」「会社が変わった」などのキッカケで実力を発揮して、実績も年収も伸ばした人が何人もいます。

人というのは非常に難しいもので、その人が活きる仕事というのは何年経験を積んでも見極めることは困難です。しかし、転職エージェントは統計的データと経験的データを駆使して、少しでも可能性を高めるために努力しています。

良い転職エージェントと出会うことは良い転職の可能性を上げる近道です。良い転職エージェントを探すポイントを説明します。

(1) 専門性が高い
希望する業界や地域が決まっているのであれば、それに対する専門性が高いエージェントがオススメです。

(2) ヒアリングをしっかり行う
初回面談からヒアリングもせずにとにかく求人紹介をしてくる人は危険です。

(3) 対応が早い
対応の早さと仕事の丁寧さは比例します。対応が遅い人は避けましょう。

(4) 内定が出なくてもOK
ノルマ重視のエージェントはとにかく内定の出やすい企業を紹介します。「内定が出なかった」ということは求職者の可能性を汲んでくれているということです。あまりに不採用が続くのはどうかと思いますが、数回であれば求職者の立場で考えてくれている証拠です。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

転職者の年齢層レポート
2018年4月2日
DODAエージェントによる転職成功者の年齢調査結果です。左の数値が2007年下半期、右の数値が2017年下半期です。
世界各国の勤続年数と転職回数
2018年4月2日
「データブック国際労働比較2017年版」を参考に各国の平均勤続年数を見比べみましょう。
裁量労働制とは?メリットとデメリットは?
2018年3月31日
まずは「みなし残業制」との違いをリストアップします。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ