転職者の年齢層レポート

転職者、年齢層、レポート
DODAエージェントによる転職成功者の年齢調査結果です。左の数値が2007年下半期、右の数値が2017年下半期です。

・24歳以下:11.5% → 9.5%
・25~29歳:48.4% → 38.1%
・30~34歳:29.1% → 23.8%
・35~39歳:8.0% → 13.1%
・40歳以上:2.9% → 15.5%

ボリューム層は変わらずに「25~29歳」ですが、35歳以上の比率がどんどん増えていることが分かります。特に40歳以上は飛躍的に伸びています。

理由については様々な見方がありますが、年功序列から成果主義へのシフトが進んできているため、1つの会社にしがみついている旨味が減ったことが一番の理由だと思われます。

金銭的なメリットが無いのならば、自分の興味ある分野に進んだり、新しい業界で技術を学ぶ方がむしろリスクが下がります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

人材効率を最大化する転職エージェントという仕事
2018年4月2日
日本を1つのチームと考えた場合、転職エージェントの使命は人材効率を最大化することです。具体的には「様々な理由で実力を発揮しきれていない人に適切な環境を紹介する」ということです。
世界各国の勤続年数と転職回数
2018年4月2日
「データブック国際労働比較2017年版」を参考に各国の平均勤続年数を見比べみましょう。
裁量労働制とは?メリットとデメリットは?
2018年3月31日
まずは「みなし残業制」との違いをリストアップします。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ