会社に対して給与交渉はできるのか?

会社、給与交渉
転職の理由が給与である場合、転職を決める前に勤めている会社への給与交渉を行ってください。

基本的に会社は
『出来るだけ低い給与に抑えたい』
『面倒なので給与制度以外で差をつけたくない』
という気持ちがあります。

これはどこの会社に行っても同じことなので、今の会社が悪いと考えてはいけません。極論ですが「しっかりアピールできない自分」が悪いのです。

そこでデキる社会人として一歩リードするために、交渉できる自分になってください。

交渉するからには上司や社長を説得できるだけの材料が必要です。数値的な事実、同僚との比較、今までの成果、自分の市場価値などの説得材料を用意して交渉に挑んでください。

「この会社で長く働くために給与交渉をおこなう時間をください。」

としっかり伝えれば、上司は感心することはあっても、不快に感じることはないと思います。

私自身は給与アップ交渉をしたこともありますし、納得のいかない給与システムに異議を唱えることで結果的に自分の給与を下げたこともあります。

どちらの場合においても上司からの信用はアップしたと感じています。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

面接は自分という高額商品を売り込む場所
2018年3月22日
求職者の年齢が25歳で定年を65歳だとすると、勤続予定年数は40年になります。その間の平均年収が400万円なら総額1.6億円、500万円なら総額2.0億円、600万円なら総額2.4億円です。
非上場企業に転職するメリットとデメリット
2018年3月20日
日本では多くの人が知名度と信頼性の高い上場企業への就職を望んでいます。しかし、アメリカ・シリコンバレーでは「非上場のまま企業の成長をめざす」ことが主流となってきています。
実際のところ年齢は転職を決める決定打ではない
2018年3月2日
「25歳は転職市場における売り時」
「シニア層が転職市場で不人気」
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ