プレミアムフライデーはどうなったの?

プレミアムフライデー
プレミアムフライデーとは、2017年2月に政府と経済界が提唱した個人消費喚起キャンペーンです。

(1) 月末金曜の15時に仕事を終える
(2) 月末金曜は買い物や旅行を推進する

上記2つが大まかな方針です。開始1年後の導入率は全体で10%程度、従業員100人未満の会社では3%程度と苦戦しています。

原因としては「他の日に残業が増える」「サービス業従事者へのしわ寄せ」「労働時間減少に伴う収入減」などが上がっています。

まだまだ定着するにはほど遠い状態ですが、このような指針を掲げることで、少しずつでも理想的な環境に近づいていけることは国民全員にとって好ましいことだと思います。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

人材効率を最大化する転職エージェントという仕事
2018年4月2日
日本を1つのチームと考えた場合、転職エージェントの使命は人材効率を最大化することです。具体的には「様々な理由で実力を発揮しきれていない人に適切な環境を紹介する」ということです。
転職者の年齢層レポート
2018年4月2日
DODAエージェントによる転職成功者の年齢調査結果です。左の数値が2007年下半期、右の数値が2017年下半期です。
世界各国の勤続年数と転職回数
2018年4月2日
「データブック国際労働比較2017年版」を参考に各国の平均勤続年数を見比べみましょう。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ