企業研究をしっかりして面接成功率を上げましょう

企業研究、面接、成功率
面接は企業による審査と考えている人も多いと思いますが、本質は求職者と企業のコミュニケーションです。

コミュニケーションを成功させるには相手を好きになることです。好きになるためには「知る」「理解する」「受け入れる」の3ステップが必要です。

≪知る≫
面接をする際に企業の事前調査をしておくことは当然のことです。ここで手を抜く理由はありません。公式ホームページや社長インタビューなどを参考に企業を徹底的に調べ上げてください。

≪理解する≫
企業がやろうとしていることや、企業が求めている方向性を理解するように努めてください。自分の言葉でまとめることが深く理解するコツです。

≪受け入れる≫
企業の方針に共感できるかを考えてください。企業側は「この企業は問題だらけだから私が改革する」などいう人材は期待していません。社内に不和を及ぼすような人材は不採用の第一候補になります。

ここまでしておけば採用率はグッと高まります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

職務経歴書に魂を込める意味
2018年3月30日
転職応募の際は履歴書だけではなく「職務経歴書」をセットで提出します。履歴書はあくまで基本情報のみであり、職務経歴書で経験やスキルをアピールします。
面接の合否は最初の5秒で決まる?
2018年3月29日
悲しい話ですが面接において第一印象の占める重要度は8割程度になります。一言で「第一印象」と言っても、下記のように様々な要素があります。
面接ではアピールと謙虚さのバランスが求められる
2018年3月29日
多くの人と話していると「自己アピール好きな人だな」と思う場合と「謙虚というか自分のことを話さない人だな」と思う場合の2パターンに分かれます。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ