面接で給与の話はタブーなのか?

面接、給与、タブー
面接で「給与・残業・退職率」といった話をしてはいけないというわけではありません。多くの場合は面接官から「希望の給与はいくらとお考えですか?」などと聞かれることが多いので心配しなくても大丈夫です。

もし、聞かれなかった場合は「最後に質問はありますか?」と言われたときに確認しましょう。

ただし、給与の話に触れる際にいくつかの注意点はあります。

(1) 調べれば分かることを聞かない。
(2) 条件面の質問に時間を割きすぎない。
(3) 下手な駆け引きはせずに素直に答える。

気になる部分は事前に紙にまとめておくなどし、完結に済むように工夫すると好感度が上がります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

職務経歴書に魂を込める意味
2018年3月30日
転職応募の際は履歴書だけではなく「職務経歴書」をセットで提出します。履歴書はあくまで基本情報のみであり、職務経歴書で経験やスキルをアピールします。
面接の合否は最初の5秒で決まる?
2018年3月29日
悲しい話ですが面接において第一印象の占める重要度は8割程度になります。一言で「第一印象」と言っても、下記のように様々な要素があります。
企業研究をしっかりして面接成功率を上げましょう
2018年3月29日
面接は企業による審査と考えている人も多いと思いますが、本質は求職者と企業のコミュニケーションです。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ