転職のメリットとデメリット

転職、メリット、デメリット
転職を決める前に「転職のメリットとデメリット」を正確に把握しておく必要があります。その時々の感情ではなく、一生の問題として冷静に判断しましょう。

≪メリット≫
◎収入アップが期待できる
◎環境の改善が期待できる
◎自分に合った会社を探すことができる
◎新しい知識や技術を手に入れることができる

≪デメリット≫
◎元の会社で築いた評価や信頼が失われる
◎頻繁な転職は自分の市場価値を下げる
◎退職金が不利になる

簡単に挙げるとこのようになります。私個人としては転職賛成派です。20代は積極的に転職するべきだと考えています。むしろ、会社に関する不安や不満を聞くと「なぜ早く転職しないのか?」と思ってしまいます。

しかし、不満を解消できるのであれば転職の必要はありません。憶することなく上司に相談することをおすすめします。

また、公務員・安定した大企業の社員・30歳以上の方に関しては、メリットよりもデメリットが大きくなる場合が多いので、転職はあまりおすすめできません。確実に現状よりも好条件でないかぎりは慎重に判断してください。

例外として、自分の能力に絶対的な自信があり、過去に何度も転職を成功させてきた人は、いつでも好きなときに転職すればよいと思います。普通の人はこのような人の成功談を真に受けないように気を付けましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

面接は自分という高額商品を売り込む場所
2018年3月22日
求職者の年齢が25歳で定年を65歳だとすると、勤続予定年数は40年になります。その間の平均年収が400万円なら総額1.6億円、500万円なら総額2.0億円、600万円なら総額2.4億円です。
非上場企業に転職するメリットとデメリット
2018年3月20日
日本では多くの人が知名度と信頼性の高い上場企業への就職を望んでいます。しかし、アメリカ・シリコンバレーでは「非上場のまま企業の成長をめざす」ことが主流となってきています。
実際のところ年齢は転職を決める決定打ではない
2018年3月2日
「25歳は転職市場における売り時」
「シニア層が転職市場で不人気」
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ