IT系や地方企業は中途採用に積極的

IT系、地方企業、中途採用、積極的
よく言われることですが、日本の大手企業は中途採用に否定的です。社員の多くが高学歴かつ新卒で入った人が多いためだと言われています。加えて、いまだに終身雇用という概念が強いのでしょう。

このような会社に転職するのは困難ですし、入社後の苦労も予想されます。 逆に中途採用に積極的な会社というと、IT系(若い会社)や地方企業です。

IT系は実力主義の会社が多いです。会社全体の意欲が高く、成果が求められます。スピード感があるため「来るもの拒まず去る者追わず」というスタイルです。自分の実力とモチベーションに自信のある方に向いています。

地方企業の多くは人材不足で悩んでいます。「優秀な新卒がよい」などと贅沢なことは言っていられないので、Uターン人材・Iターン人材の中途採用に積極的です。首都圏の企業ほどバリバリ働くことを求められないため、自分のペースで着実に仕事をこなしていくことができます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

単価が高い商品を扱っている企業はストレスが大きい
2018年3月20日
単価の高い商品と言えば「家」「自動車」「結婚式」などが思い浮かびます。これらの高額商品は同じ客と何度もコンタクトを取る必要があるため、必然的に深い関係になっていきます。
新規参入が少ない業種は穏やかです
2018年3月19日
業種を選ぶうえで「新規参入の少なさ」は重要です。ビジネス用語で言うと「参入障壁の高い企業」です。
離職率の高い企業は要注意
2018年3月19日
転職するうえで最も注意したいポイントが「離職率の高さ」です。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ