キャリアアップのために生活水準を控えめにすること

キャリアアップ、生活水準、控える
「キャリアアップ」と「生活水準を控えること」の関連性にピンとくる人は少ないと思います。しかし、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど、多くの成功者は倹約家であることは有名な話です。

なぜなのでしょうか?

キャリアップとは「自分の中の使えるスキルや経験を効率的に増やしていくこと」です。ここにキーがあります。

[Aさん]
・生活費&娯楽費:85%
・教育費:10%
・貯金:5%

[Bさん]
・生活費&娯楽費:50%
・教育費:30%
・貯金:20%

この2人のどちらがキャリアをアップしていけるかは一目瞭然です。要するに、限られた資金内で「成長につながる可能性が高いところにたっぷり投資しよう」ということです。例を挙げれば「本・パソコン・通信教育・資格」などです。

加えて「ある程度の貯金」はいつでも用意しておきましょう。なぜなら、余裕がない状態ではいつでも不利な選択をしてしまうためです。例えば「お金を借りて金利を払う羽目になる」「給与だけを考えた転職をしてしまう」「成長の機会に飛びつけずに逃してしまう」などです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

キャリアアップとは給与を上げることとは限らない
2018年3月16日
キャリアアップには3つの要素があります。
30代からは実績を活かして賢く生きていこう
2018年3月16日
ずっと頑張って生きていくという意気込みはとても素晴らしいのですが、30代からは20代とは異なる大人の考え方が必要になります。
20代は厳しい環境で自己成長を優先させよう
2018年3月15日
転職先を決める際に気を付けておきたいことの1つが「年齢別の戦略」です。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ