キャリアアップとは給与を上げることとは限らない

キャリアアップ、要素、給与以外
キャリアアップには3つの要素があります。

(1) 給与を上げること。
(2) 給与は上がらないが、他の条件が良くなること。
(3) 給与も条件も同じだが、将来の利益につながること。

給与が高い、労働時間が短い、福利厚生が充実しているほうが良いに決まっています。しかし、一番重要なのは(3)です。

一般的に「時間を売る系・体力を売る系」の仕事は最初からそれなりに高給与です。しかし、その多くは将来的な給与アップは見込めません。

逆に「技術系・クリエイティブ系」だと、新人のうちは低給与のケースが多いです。しかし、スキルが高くなれば高くなるほど時給が上がっていきます。現時点での生活が困窮していないのであれば「将来の利益につながる仕事」を選ぶべきです。

職種だけでなく業種も同様です。斜陽産業よりも、将来性のある業界を選ぶ方がよいでしょう。

ただし、注意してほしいことがあります。それはほとんどの経営者や上司が「部下の今の苦労は将来のためのものだ」と信じ込んでいることです。「実際に将来につながる可能性が高いこと」と「根拠のない願望」は全くの別物です。

このあたりの見極めは非常に難しいので、専門のキャリアコンサルタントに相談するとよいでしょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

キャリアアップのために生活水準を控えめにすること
2018年3月16日
「キャリアアップ」と「生活水準を控えること」の関連性にピンとくる人は少ないと思います。しかし、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど、多くの成功者は倹約家であることは有名な話です。
30代からは実績を活かして賢く生きていこう
2018年3月16日
ずっと頑張って生きていくという意気込みはとても素晴らしいのですが、30代からは20代とは異なる大人の考え方が必要になります。
20代は厳しい環境で自己成長を優先させよう
2018年3月15日
転職先を決める際に気を付けておきたいことの1つが「年齢別の戦略」です。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ