20代は厳しい環境で自己成長を優先させよう

20代、厳しい、成長、優先
転職先を決める際に気を付けておきたいことの1つが「年齢別の戦略」です。

最近は「ライフ・ワーク・バランス」という言葉が広がっており、仕事偏重の生き方が嫌われています。それでも20代は仕事に重きをおくべきです。

なぜなら「ライフ・ワーク・バランス」は、その瞬間ごとに考えるのではなく、人生という長いスパンで戦略的に考える必要があるためです。

20代はしっかり実力をつける期間だと認識してください。そうすれば、30代以降はそれほど頑張らなくても、それなりの地位と給与を得ることができます。年齢とともにバランスを生活側にシフトしていけばよいのです。

逆に20代をサボってしまうと、30代以降で挽回することは至難の業です。20代と変わらぬ給与のまま、年下の上司に怒られながら生きていくことになります。

もちろん、友人関係や恋愛など、20代でしか体験できない楽しみを犠牲にする必要はありません。周りの人たちよりも少しだけ努力することが重要なのです。

(1) 成長の機会が多い会社を選ぶこと(ブラックは避ける)
(2) 無駄な時間を削って勉強すること

20代は上記2点を意識してください。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

キャリアアップのために生活水準を控えめにすること
2018年3月16日
「キャリアアップ」と「生活水準を控えること」の関連性にピンとくる人は少ないと思います。しかし、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど、多くの成功者は倹約家であることは有名な話です。
キャリアアップとは給与を上げることとは限らない
2018年3月16日
キャリアアップには3つの要素があります。
30代からは実績を活かして賢く生きていこう
2018年3月16日
ずっと頑張って生きていくという意気込みはとても素晴らしいのですが、30代からは20代とは異なる大人の考え方が必要になります。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ