資格は転職の際に大きな武器となる

資格、転職、武器
資格に関しては賛否両論ありますが、私は資格肯定派です。

というよりも「希望の職種や業種」があるのなら、それに関連する資格を取得しない理由がありません。例えば以下のような資格が該当します。

・宅地建物取引士 → 不動産業
・FP技能士検定(2級以上) → 金融業、保険業、証券業
・日商簿記3級(2級以上) → 経理
・基本情報技術者 → プログラマ、SE

営業職や事務職の場合は、必要な資格というのはありません。しかし、「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」「簿記3級」「秘書検定(2級以上)」「TOEIC(600点以上)」あたりを持っていれば転職に有利になります。

注意点として、世の中には「誰でも努力なしで取れる簡単な資格」があります。これらの資格の多くは民間の営利団体が認定しているものです。マイナス評価になるので履歴書に書いてはいけません。

また、難しい資格であってもあまりにもたくさん持っている場合は「資格コレクター」と判断されてしまいます。面接のとき「この資格をとった目的は?」と聞かれも、スムーズに答えられるようにしておきましょう。

資格というのは「知識を持っていることの証明」という価値よりも、自主的に自分のお金と時間を割いて取得したことによる「成長できる人間であることの証明」という価値が大きいのだと思います。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

キャリアアップのために生活水準を控えめにすること
2018年3月16日
「キャリアアップ」と「生活水準を控えること」の関連性にピンとくる人は少ないと思います。しかし、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど、多くの成功者は倹約家であることは有名な話です。
キャリアアップとは給与を上げることとは限らない
2018年3月16日
キャリアアップには3つの要素があります。
30代からは実績を活かして賢く生きていこう
2018年3月16日
ずっと頑張って生きていくという意気込みはとても素晴らしいのですが、30代からは20代とは異なる大人の考え方が必要になります。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ