高学歴の人に有利な転職方法とは?

高学歴、有利、転職
まずは「高学歴だから仕事ができるわけでもないし、高学歴だから就職できるわけではない」という考えを隅に追いやってください。

前提として「高学歴は就職に有利」ということを受け入れることが、高学歴の優位性を享受する第一歩です。

実際に高学歴は就職に有利です。書類審査で落ちる確率は極端に下がりますし、面接においても「大差ない印象」であれば高学歴の方が採用となります。そもそも一部の大企業では高学歴でないと入社できる可能性すらありません。

では、なぜ高学歴がそれほど有利ではないと考えられているのでしょうか?

(1) 高学歴以外の人の方が圧倒的に多いため
(2) 高学歴以外で大手に入った人のほうが目立つため

この2点が大きいでしょう。数の力は強いのです。

多くの高学歴者は満足できる企業に入社していますが、就活が上手くいかない人は前述のようなミスリードを真実だと思い込み、ますます自分を不利な状況に追い込んでしまいます。

高学歴なのに就職が上手くいかない人の多くはバランスの悪さが原因です。せっかく多くの企業が評価してくれる「学歴」という武器を持っているにも関わらず、コミュニケーション能力、外見、主体性、協調性などの強化を怠っています。

高学歴者は弱点を強化することのメリットが非常に大きいので、恐れず怠けずに弱点強化に励んでください。

また、自分は高学歴ではないと思っている人でも、希望する会社のレベルを落とせば十分に高学歴と認識されるケースもあります。ただし、レベルの上げ下げは将来に大きく関わってくるため、キャリアコンサルタントなどに相談しながら慎重に決めてください。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

実績のある人に有利な転職方法とは?
2018年3月8日
実績や経験が十分な人は、それを活かして転職をすることを第一優先に考えましょう。自分に自信のある人は「今までの仕事とは全く違うジャンルの仕事がしてみたい」と考えるかもしれませんが、リスクや条件ダウンを十分に加味したうえで慎重に決断してください。
実績なし&未経験者が有利な転職をする方法
2018年3月8日
実のところ総合職(一般職含む)の場合、職歴や経験というのはプラス要素にはなりません。もちろん驚くべき実績をあげているのであれば別ですが、そのような人は普通の求人に応募してこないのです。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ