実績なし&未経験者が有利な転職をする方法

実績なし、未経験者、就職、転職、有利、方法
実のところ総合職(一般職含む)の場合、職歴や経験というのはプラス要素にはなりません。もちろん驚くべき実績をあげているのであれば別ですが、そのような人は普通の求人に応募してこないのです。

企業側としては下手に前の会社のやり方を引きずる経験者よりも、未経験のほうが望ましいという考えがあります。そのような場合に未経験者として求められる資質は何でしょうか?

それは「成長できる人材であること」です。

履歴書や面接では成長できる人材と思われることに全力を注いでください。成長できる人材とは「素直」で「ポジティブ」な人です。素直な反応、ハリのある声、自信のある表情、偏った思考をしない、綺麗な字など、可能な限り自分を演出していきましょう。

次に専門職です。

専門職の場合、未経験での就職は非常に難しいのが現実です。その際に力になるのが「資格」です。「資格なんて意味がない。技術は現場で学ぶもの。」という人の話にも一理ありますが、それは結果的に上手くいった人の言うことです。

資格取得は「経験がない→専門職として就職できない→経験ができない」というジレンマを抱えている人の突破口になりえます。難関資格であればあるほど効果があります。

また、無事に専門職に就けた後のことを考えても資格取得には意味があると思います。資格勉強で基礎知識をしっかりと学んだ人とそうでない人とでは、その後の成長速度にも最大値にも差が出てきます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

高学歴の人に有利な転職方法とは?
2018年3月8日
まずは「高学歴だから仕事ができるわけでもないし、高学歴だから就職できるわけではない」という考えを隅に追いやってください。
実績のある人に有利な転職方法とは?
2018年3月8日
実績や経験が十分な人は、それを活かして転職をすることを第一優先に考えましょう。自分に自信のある人は「今までの仕事とは全く違うジャンルの仕事がしてみたい」と考えるかもしれませんが、リスクや条件ダウンを十分に加味したうえで慎重に決断してください。
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
群馬県の転職エージェント「キャリコ転職」公式サイトへ
ページトップへ